教員を目指す大学生が必ず経験する教育実習

教育

教員を目指す大学生が必ず経験する教育実習

人に何かを教えることは実際難しいです。
自分で新しいことを覚える場合は自分の頭で理解しますが、相手に教える場合は相手がどう捉えるかを考えながら教えないと理解にはなかなか繋がらないこともあります。
その技術や知識を学校の授業と研修でみっちり鍛えることが出来ます。
教員免許を取得出来る学部に在籍していると、教育実習といって、実際に現場の生徒相手に授業をし、先生方からアドバイスをもらう機会があります。
この時の成果は学校に戻ってからも活用されますし、大変大事なので1日1日を大事にして過ごしていっていただきたいです。
家庭教師や塾講師のアルバイトなどで生徒と接する機会を得ている大学生の方もいらっしゃいますが、それと学校とは大分違いがあります。
学校でしか指導出来ないことももちろん多いので、同じ目的を持っているライバルに勝つ気持ちで頑張りましょう。
実習中に自分に不足している点が見つかったら早めに直す努力をすることが大切です。